02月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.03/20(Mon)

逃避行


とりさん柄の生地、柄合わせで苦しみました。
前身頃のどこにどのように柄を持ってくるかでね、悩んで吐きそうになった。
乳のてっぺんに目立つ花や鳥を持ってくるのは避けたい。
(コソコソ話だけどさ、この柄の服でしっぽの下がった叫んでる鳥の部分が胸の位置にきてるのたまにあるでしょ、あれ、高さによっては乳が垂れてるように見えるよね)
でもその辺を気にすると前身頃のど真ん中に目立つ花がババーンっときてしまう。
でもでも前身頃の柄位置を決めなくちゃ他のパーツの柄合わせができないから、後回しにできない。
キーキーとイラつき妥協しながら、なんとか裁断終了。
力尽きました。
チカラ、っつーか、根気。
で、逃避。
ゴムスカート。

DSC_0069 (253x450)

生地 : 
レディペイズリー 青 3m
型紙 : 
なし
縦地を横にして輪にして上下始末してタックとって上から2cmくらいで裏にゴム通し部分作ってゴム入れた
ゴム通し部分は別布
生地には一切はさみ入れてません
耳すら切ってない


地の目を逆にしたからハリが強くなるかと心配したけど、全然大丈夫だった。
縫い目の柄合わせも割とうまくいった。

DSC_0075 (253x450)

とはいっても、最初からこの位置で裁断されて届いたので私は何の苦労もしていない。
柄がでかいから、きっとお店の人、しっかりリピートで切ってくれたんだろな。
裾は耳含めて15cm、ウエストは5cm折り曲げて、マキシ丈。
わたしにはちょっと短かった。
裾10cmにすればよかった。
まあいいや。
ゴムは2cm幅を2本。その上は2cmのフリフリにして、4cm幅のリボンを結んで着るためにベルト通し付けました。

DSC_0071 (253x450)

DSC_0072 (253x450)

ボリューム出したくないので裏地は省略。

作成時間2時間程度。
逃避行には最高のスカートです。
しかも生地の柄も色合いも非常に好み。
黒でノースリーブのタイトなシャツかニットをINして着たら素敵だろうな。
体型的にそんな勇気ないけど。
本当はこの生地、とりあえずゴムスカートにして理想の型紙に出会えたらほどいて作り直そうと思ってたけど、気に入ったのできっとヨレヨレに着倒すまでこのスカートのままでいるかも。






布在庫消費量
3m/計14m
布在庫増加量 
0m/計9m









にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
ポチッとされるとうれしいの♪











スポンサーサイト
11:47  |  じぶん服  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03/08(Wed)

本を購入する悩み



現在服作りで煮詰まっているため、脱線します。
洋裁ネタではありません。

読書家、と言えるような量ではないけど、わりとよく本を読みます。
ただ、本という物は布と同じようにどんどん溜っていくわけですよ。
布のように消費できるわけでもないから、余計にたちが悪い。
なので、読みたい本を片っ端から購入するのは問題あります。
なら図書館行け、って話ですが、地元の図書館は悪名高きロータリー(難解?な地元ルールあり)のそばなので近寄れません。
ロータリー入ったが最後、永遠にぐるぐる回り続けなければなりません。
なので図書館行けません。
自分で買うしかないんです。
所有欲もあるし。

で、読みたいなー、と思った本をポイポイ買い続けると床が抜けてしまうので、今の時点で
1.新刊が出たら単行本でも買う大好きな作家さん
2.新刊が出たら興味があれば単行本でも買う(いまいち興味持てなくても文庫でなら買う)結構好きな作家さん
3.文庫化するまで待つ作家さん
に分けて購入しています。
何で分けてるかっていうと、単行本はずっと手元に置いておきたいから。再読する気のない文庫本はどんどん古本屋に売りたいから。
そうすれば多少は本が増えるのを防ぐことができるかな、と(金銭的問題もあるけど)。
でもね、40も半ばにくると、厳選した作家さんの単行本でも本棚があふれてるんです(あふれてるのはコミックスも大量にあるため。ブリーチ連載終わって全74巻、邪魔だから売ってしまいたいけど手放したらあとで絶対後悔しそうだから悩む。うしおととらやパトレイバー、クロマティ高校、GTOは売っぱらってしまい今でも後悔してるし。いしいひさいちのドーナツブックス全巻、どこいっちゃったのかなぁ、しくしく。だからACCAは当分手元に置いておく。白暮のクロニクルは最終巻読み終わったらすぐ売り払ってもいいかな。野崎くんと高台家、はやく新刊でないかな。ぶつぶつぶつぶつ)。
でね、最近1.群が、新刊ラッシュでウホウホなんだけど、収納スペースないんです。
素敵な本棚が欲しいんだけど、あんまり売ってn・・・ちがった、部屋が狭いので(主に布が原因)、本棚設置できません。
みんなは本の収納、どうしてるんだろ(みんなは布山築いてないだろ)。

ちなみに実家には父のために、書籍用の物置部屋(書斎ではない。あくまで物置。幼き頃、その部屋でよく筒井康隆とか小松左京とか岡本綺堂とか読みふけった)があります。
非常にうらやましい。
実家に本を置かせてもらうという手もあるけど、自分の読書傾向を親に見られるというのはちょっとね。
いろいろ偏り過ぎてて(女子力の欠落したラインナップとか)、親に心配されそうで。
この年でそんなことで親に心配されたくない。
やっぱり自分のテリトリーに大きな本棚が欲しい。













20:41  |  本よんだ  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2017.02/28(Tue)

身の程知らずは失敗から学ぶことができない



先日購入した型紙を使いたくって、さっそく作ってみました。
これね。
_20170216_125122 (450x338)

これ、一抹の不安はあったんですよ。ラグランスリーブだから。
似合わないんじゃないかと。
ラグランスリーブで何度も痛い目に合っているしね。
でもこのデカ襟、とても好き。
この下に黒のリブタートル合わせて着たかったんです。
多少似合わなくてもいいや~、と、ある程度の覚悟はしてました。

で、できあがりました。

DSC_0068 (253x450)

生地 :
ソレイユボックスに入っていた、度詰くらいの重量感あるのにドレープのきれいな天竺
型紙 :
aviverさんのデカ襟プルオーバー
(ホントの名前はBIGカラーショートプルオーバー)

とてもかわえぇぇぇぇぇ♡!!!!
でね、ウキウキと袖を通してみたならば、肩先がつっかえるせいでラグランの襟~肩周辺のシルエットを崩して、いわゆる“つきじわ”になってしまいまして。
身頃が肩に引っ張られる上にそのつきじわ部分に襟が付いているもんだから、襟が肩の上にぐしゃぐしゃになって乗っかった状態になります。
試しにハンガーを私の肩幅と同じくらいに広げてみました(マワのハンガーは多少の曲げ伸ばしができるから好き)。

DSC_0070 (253x450)

こんなんになるのよ。

DSC_0072 (253x450)

襟のカタチを保つことができません。
なんてこったい。
ため息しか出ません。
実はこの型紙で前を開いてデカ襟カーディガンも作ってみたかったんです。
無理ですね。カーディガンにしちゃったら、肩がつっぱってボタン止まりませんよコレ。

身ごろや二の腕はフリーサイズなだけあって丁度いいんだけどなぁ。
肩の部分だけが極端にキツい。
コートのラグラン袖みたいに袖山?にダーツ入れたらいいのかな。
でもそしたら襟ぐりのカーブも直さなきゃいけないか。
そんな技術、ワタシには無いな。
やっぱりラグランきらい。
購入した型紙、他にもラグランスリーブあるんだよなぁ。


このプルオーバー、どうしようかな。
失敗作処理担当の後輩“のびたくん”も、私と同じくらいいかり肩なんだよなぁ。




そうそう、追加で購入した型紙も届いたよ。
今回分はラグラン無かったのでよかった。
肩落ちプルオーバーに若干の不安はあるけどね。

DSC_0073 (253x450)







布在庫消費量
1.5m/計11m
布在庫増加量 
0m/計9m





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
ポチッとされるとうれしいの♪




00:50  |  じぶん服  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2017.02/18(Sat)

せっかく良い生地を手に入れたので



先日購入したリバティ、ワンピースにしたいと思っています。
無謀にもフィット&フレア。
で、手持ちの本を片っ端からひっくり返してみたんだけど、13号や15号のサイズが載っている本には欲しいカタチが無い。
あってもプリンセスライン。
なんかね、プリンセスラインって、よそ行き感強くて、いつ着ていいかわからなくなるから避けたい。
ダーツがたくさんあって、これがいいなぁ、と思うカタチはサイズが小さい(13号以上はそんな服着るなっつーことか?)
フィット&フレアだと小さいサイズの型紙を大きめに調節してもシルエット崩れそうだし。
いつもおなじみの「Dress style book」の太め加工じゃつまらんし。
と、悩みまして、「誌上パターン塾 トップ編」、とうとう手を出すことにしました。
説明読んだらとても難しそうでいままで敬遠してたんだけど、やってみるとね、意外とサクサク進みました(サイズ計るのが一番面倒だった)。
サクサクと言っても、できあがった型紙は間違った線だらけの見苦しい物だけども。

でね、ワンピ自体もできあがりました。

DSC_0082 (253x450)

生地 : 
どっかの福袋で手に入れたマイクロギンガム 茶 2.5m
いきなりお気に入り生地を使う勇気は無かったので、似合わないからと布クローゼットの奥底に沈んでいた生地を引っ張り出した。
型紙 : 
誌上パターン塾 トップ編
Mのぺプラム部分を65cmに変更


試作なのでおしりの入るギリギリのカタチにして、本命生地はそれをもとにフレアの加減を決めようという算段。
このフレア少なめの感じ、すっきりしていていいかも。
本命生地もこの分量でいいかな。悩む。
ネックラインは本に載っている浅めのVネックそのままです。
このVネックの加減、理想的。

_20170216_125223 (338x450)

袖ぐりはまったく変更しなかったら、袖を付ける前提なためか、肩先がかなり隠れる。
フレンチスリーブ未満、といったところか。
少し削らねば。
あと、脇は本の“1枚で着る場合”の通りに直す必要あり。
基本のままだとキャミソールが脇から少し見えちゃう。

着用感は非常にいいです。
ラインきれいだし、ピチピチムチムチする部分もガバガバユルユルする部分もなし。
スカートもタイトめAラインで、ウエストとヒップが合っているせいかすっきりしている。
「Dress style book」の太め加工よりもウエスト絞られたかんじになったのがウレシイ。
11号の型紙を調節した場合は、こんなにうまくはいかなかったと思う。
さすが誌上パターン塾。
パンツ編も作るの楽しみだわ~。



この薄茶色ワンピは部屋着にします。
ホントに似合わないから外には着て行けない。
でね、先日入手した白黒の鳥さん生地でおそと用のワンピ作ります。
あの柄ならオジチャン顔のオバチャン(わたし)がこのカタチ着ても許されると思うんだー。








布在庫消費量
2.5m/計9.5m
布在庫増加量 
0m/計9m







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
ポチッとされるとうれしいの♪





20:33  |  じぶん服  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.02/16(Thu)

かたがみかたがみ



算数ができません。
なので自分で型紙をつくれません。
注意散漫なので、大量の計算間違い、線の引き間違いが起きるんです。
仕方がないので、日々素敵な型紙を求めてネットの海を漂流しています。
で、先日、大量に入手しました。

まずaviverさん。
ずいぶん以前からこちらのお店にはお世話になっていたんだけど、最近はさすがに年代(とサイズ)が合わなくなって注文してなかった。
メールで新商品のお知らせが来ていて、似合うかどうかはわからんけど素敵なプルオーバーがあったのでポチ。

_20170216_125122 (450x338)

ついでに前から気になっていた商品もポチ。
_20170216_125046 (450x338)
_20170216_125029 (450x338)
_20170216_125006 (450x338)

さらに、昨日の新作もぽちった。



fab fabricさん。
こちらのお店はフリーパターンもダウンロードできるんだけど、先日テーパードパンツの切り貼りごときで根を上げ、いつかオリジナルのA0用紙型紙を注文しようと思っていたら近々価格変更するって言うので、欲しかったのを4つほど購入。

_20170216_124933 (338x450) _20170216_124914 (337x450)
_20170216_124856 (338x450) _20170216_124813 (337x450)


たった1ヶ月の布買い自粛のリバウンドがこういうカタチで現れています。









にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
ポチッとされるとうれしいの♪




19:44  |  じぶん服  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT