05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.06/26(Mon)

もちろん糸巻きの歌を口ずさみながら巻くのです



昨日の糸、巻きました。
これが
DSC_0077 (450x253)

DSC_0073 (450x253)

これになりました。
DSC_0082 (450x253)

小カセは、2番目の画像1番左の青~グレーが、青い大カセに乗った丸いヤツ。
で、左から2本目以降は手前に同じ順に並べてみました。
最初、青~グレーを手巻きにしてみたんですが、糸がツルツルじゃないのでカセくり器から糸を引き出すときに糸同士が絡んで大変でした。
で、巻く作業だけでも楽をしたくて他の糸は玉巻き器で巻いたところ、糸に毛羽があるせいか、糸の量が少なくてもしっかり巻くことができました。
コロンやぐりグらの糸は艶があってツルツルしてるから、玉巻き器で巻いても芯穴が太いせいで玉がフニャフニャするしすぐ崩れるしほどけるしで、そのうちぐちゃぐちゃに絡まりそうなんです(現在地道に手巻きに加工中)。
でもKazuさんの糸なら問題なくこのまま使えそう。
使ってるうちに崩れそうなら、その時点で手で巻き直そうと思います。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
ポチッとされるとうれしいの♪








スポンサーサイト
23:40  |  さしこさん  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/26(Mon)

糸を巻く



先日購入したぐりグらさんの糸16カセ分すべて、巻きましたー。
つっても玉巻き器使ってるからスグなんだけどね。

DSC_0069 (450x253)
ピンクはたくさん使いそうなので2カセ分

ちなみにブルーベリーとカシスとプルーンの違いはこんな感じです。

DSC_0071 (450x253)

左からブルーベリー カシス プルーン
カセだとたいして違いがあるように見えないんだけど、巻いてみるとまあまあ違う。
でも画像では違いがよくわからなくなっちゃった。




そして日曜日、小樽のアトリエkazuさんで刺し子糸買ってきましたー!!
小さいカセの入った籠の中、淡い色合いの糸が多くてね。
濃い色が欲しかったんだけど、赤~紫系がほとんどだった。
で、この6本をチョイス。

DSC_0073 (450x253)
Yuki*さんのところで見たのと同じ色と思われるものも数本あり。

青いのたくさん欲しかったんだけど、一番左のコバルト×グレーのが1本あるだけだった。
んで、あきらめ悪く店内をうろついていたら店の奥の方に大カセが数本掛かっていて、見つけましたよ、コレ。




藍色グラデーション♡
DSC_0077 (450x253)


こんな色が欲しかったんだよ~!
大カセなんか使いきれないんだけど、どうしてもこの色が欲しくて購入しちゃいました。
お店の駐車場に車を止めたまま、車の中で青い大カセに両手を通してニタニタしてたら、お店のお兄さんに見られてしまった・・・
気持ちの悪いおばさんだと思ったに違いない。

DSC_0078 (450x253)
本日の戦利品

グリーン系も欲しかったんだけど、無かったなぁ。
近いうちにまた行ってしまいそうで怖い。危険な店だ。


すでに刺し子用のニトリの瓶は糸があふれています。
罪庫にしないように買い控えなくちゃ・・・(無理そうだ)。












にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
にほんブログ村
ポチッとされるとうれしいの♪








00:13  |  さしこさん  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/22(Thu)

糸を買う


色キチ(≠好色)なんです。
服装は白黒紺で持ち物もシンプルな色合いばかりですが、色展開の多い物に対して強い所有欲があります。
幼少期から絵を書くことは苦手なのにクレヨンとか色鉛筆とかが大好きで、大人になってからも文房具売り場の筆記用具売場で120色の色鉛筆とか72色のカラーペンとか、いつまでも見ていられます。
そういえば昔、フェリ○モの500色色鉛筆集めてたな。途中でやめちゃって誰かに譲っちゃったけど。

もちろん、色好き(≠好色)は、筆記具だけには留まりません。

ふはははははーーーーっ!
DSC_0070 (450x253)


16本だって。
狂ってるよね。
ぐりグらさんのパステルとマジカルとミラクルとフルーツのシリーズで、持っていない色(白の混じる物と苦手な色を除く)、購入しちゃいました。
補色の組合せはあまり好きじゃないんだけど、インスタとかで皆様の作品見たら補色の多色使いがとても素敵でして。
最近一目刺しの楽しさに目覚めたから、糸の消費も激しいことだし買っちゃってもいいかなー、と思って(ここの糸は太めだから一目刺しに向かないかも・・・という気もするが、気にしないことにした)。

今度の日曜日は小樽にも行くんだーーー♪(小樽には刺し子糸も扱う有名な染物やさんがあるのです)。







23:46  |  さしこさん  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/16(Fri)

かっこいいおばさんになれるような気がする(気のせい)



やっと洋裁ネタ。
紺色の、シャツカラーのワンピース作りたくて、どの型紙使うか悩んでおりました。
「きちんとしたワンピース」のこれ
DSC_0104 (450x253)

にしようと、ほぼほぼ決めていたんだけど、オープンカラー(似合わない)なのがちょっと引っかかっていました。
あと、フレンチスリーブにしたいので、袖ぐりのカタチ、自分で調節しなきゃいけない。
どうしたもんかと悩んでいたら、レディスブックの5月号にこんなん載ってまして。

DSC_0105 (450x253)

これ、婦人原型で自分で型紙作んなきゃいけないからちょっとためらってたんだけど、気合入れて頑張りましたよ。

で、カンセー。
DSC_0099 (450x253)

生地 : 去年(多分)filerさんで購入したタイプライター 紺 4m
型紙 : レディスブック 5月号 9ページのワンピ
     前あきを比翼から普通の前あきに省略
     ポッケをプリーツに変更
     リボンの太さを5cmから6cmに変更
DSC_0102 (450x253)

生地を裁断して縫い合わせているときに後ろ身頃の袖ぐりの間違いに気付き、型紙を作り直し。
生地足りてよかった(余った生地でノースリーブのブラウス作りたかったのに作れなくなっちゃった)。
あと襟付けのときに、襟が身頃の首回りより左右各1cm長いことが判明。
左右のNPから前中心までの長さを測るところ、左右のNPから前端まで測って、さらに前中心から前端までの長さ(1cm)を足してたよ。
襟を作り直すのも面倒なんで、台襟のはみ出た部分1cmを切っちゃいました~、あは。
DSC_0100 (450x253)

この襟のカタチも好きだからいいのだ。
あとスカートのタック、内側に倒さなきゃいけないのに外向きに倒してた。
なんて初歩的なミス。
それ以外は大きなしくじりもなくできあがった(え?十分しくじってるって?私にしては上出来なんだよ!)。

紺色でシャツカラーでフレンチスリーブでウエストをリボンやベルトでギュッと締めるカタチでスカートがフワッとしてて若干ミリタリーっぽいポッケが付いたシャツワンピ、欲しかったんだぁ。
これ着て赤いヒールのサンダル履いてタラコ唇に赤い紅を塗ったくって、ガツガツ歩き廻りたいと思います。




ところでさ、いつもお裁縫は夕飯食べ終わった後の夜にちまちまやってるんだけど、最近、蛍光灯の下だと黒や濃紺生地が見づらいんだよね。
若かりし頃通ってたお裁縫教室(夜の部)で、50オーバーのおねーさま方が「(黒い生地は)縫い目が見えんっ!」とか「(黒い)糸が通せないっ!」て文句言ってらっしゃったけど、寄る年波に勝てなくなってきたってーことだな。






布在庫消費量
4m/計42.5m
布在庫増加量 
0m/計57.5m






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
ポチッとされるとうれしいの♪




21:24  |  じぶん服  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/14(Wed)

いーとーまきまきいーとーまきまき


糸、巻きました。
たーのすぃーっ!!

DSC_0069 (450x253)

めっちゃくちゃ早く巻けるのね。すごい。
しかもかわいい。
ヤバい中毒性あります。
編み物ほとんどしないのに、ネットの毛糸やさん徘徊してしまうレベル。
カセの毛糸を大量多色買いして、ひたすら巻き巻きしたい。
ただね、巻きの中心の芯、3cmはちょっと太過ぎだね。
普通にニットウエア編むための毛糸の量ならこの太さが丁度いいんだろうけど、刺し子糸のカセひとつ分だと穴がでかすぎる。
使っていくうちに糸同士が支えられなくなってからまっちゃいそう。
試しに手巻きで巻き巻きしたのと比べると、巻きの大きさもこんだけ違う。

DSC_0074 (450x253)

どうにか細くできんもんかな、玉巻き器の芯の中心に穴あけて箸でも刺して使えばいいかな、と思ったんだけども、偶然いいもの見つけました。

ちゃららちゃっちゃちゃ~ん(ドラちゃん風に)

DSC_0076 (450x253)

ニトリのかがみ~

DSC_0077 (450x253)

のスタンド部分~


これをね、強力両面テープで玉巻き器に貼り付けてみましたよ。

じゃじゃーん
DSC_0080 (450x253)


で、さっそく巻き巻き

結果
だいしっぱ~い!!!!

こんなんなった。

DSC_0081 (450x253)

DSC_0084 (450x253)

巻き巻きしているうちに糸が玉の部分から落ちまくって紡錘形になっちゃう(なるほど、だから紡錘形っていうんだね)。
で、芯から外したら上下の尖ったところがビロロローンと解けてくんの。
これでは使い物にならん。
泣く泣く巻き直しました(これがまた糸が激しくこんがらがって解くのに1時間近くかかった)。
玉巻き器というものは、簡単な作りのように見えて、きちんと緻密に計算されたお道具のようです。

教訓
完成されたものを勝手に手を加えると、後で泣きを見る



そうそう、ニトリに行った理由はね、

DSC_0087 (450x253)

このビンを買いに行ったのさ~♪

わたしのシマシマTシャツが映り込んでしまった




あと、仕上がったものは、これだけ。

DSC_0089 (450x253)

DSC_0090 (450x253)

DSC_0091 (450x253)

図案 : 柿の花もどき(三重の柿の花にしたかったのに裏表間違えて刺した)
糸 : ぐりグら ライトブルーとブルーグリーン

遠い昔に直線7往復だけを残して放置していたものを仕上げました。
とってもわかりにくいけど、2色の糸で大きな市松模様にしています(画像の色調子が悪いだけにしか見えないわー)。
もっと色の違いがわかりやすい糸を選べばよかった。










にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ポチッとされるとうれしいの♪









23:17  |  さしこさん  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT